けーえむの稀にペイント日記

趣味に生きる

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GGT第2戦 Le Mans Circuit de la Sarthe



僅差でジオン公国サイドが逃げ切った第1戦セブリングから20分後。続けざまに第2戦ミュルサンヌ10周。早えーよ!第1戦セブで連邦を急襲した公国陣営。この第2戦を勝利することで磐石の態勢を築けるか。一方の連邦陣営はユニコーンの離脱によって2台体勢に。ミュルサンヌの長いストレートで白いモビルスーツに青鬼らが襲い掛かります…てかGP02は鹵獲前という事で第2戦だけは連邦サイドでもいいかもなんて案もありましたがsさんのガトー愛によって公国サイドで参戦。ニナ・パープルトンを押し付けあうアナハイム社GPシリーズ対決にも個人的には期待してます。ソロモンの悪夢の咆哮なるか?!

連邦陣営
GGT02_11.jpg
GP03×コウ・ウラキ(#33 Jaguar XKR:Yさん)
Ζガンダム×カミーユ・ビダン(#3 Fairlady Z:dさん)

公国陣営
GGT02_13.jpg
ギレン・ザビ総帥(#31 Corvette Z06:cさん)
ケンプファー×ミハイル・カミンスキー(#81 Panoz GTLM:aさん)
グフカスタム×ノリス・パッカード(#91 Viper GTS-R:僕)
GP02(#1 FG Falcon:sさん)



GGT02_01.jpg

グリッド上位はケンプファー、ゼータ、総帥の3台。後列からサイサリス、デンドロビウム、グフカスタムが続きます。スタートダッシュで抜け出したのは総帥。圧倒的な加速で1コーナーを抜けていきます。残り5台も互いの距離を取りつつポジション争い。そんな接近戦で早速チェーンマインが火を噴きます。1コーナ後の低速コーナーでゼータとケンプファーが接触。その隙にデンドロビウムと総帥が上位グループを形成。長い裏ストレートまで後続を一気に突き放す展開。てかこの状況は拙い。非常に拙い。

GGT02_02.jpg

1周目でボディにダメージを追ったケンプファーは即ピット入り。10周ですので燃料は問題なし。あとはタイヤやダメージ等を考慮して各車ピット入りすることになります。皆さん5周を過ぎた後半にピットインしていたかな。それにしてもボンネットのケンプファーが凹んでます。サイドのミーシャは終始ドヤ顔でした。チョバムアーマーの準備しておかないとなあ。

GGT02_06.jpg

3位4位争いのノリスとガトー。タイヤが減ってきたのか、2コーナーでサイサリスがオーバーラン早めのブレーキをしていたので余裕をもってソロモンの悪夢をパス。さて上位陣をこれから追いかけるノリスですが1000m以上は離れています。この時点でレースは折り返し。コーナリングでは上位2台に負けていないのでストレート後のコーナーセクションに期待しつつ単独でストレート進入。

GGT02_05.jpg

レース開始前に車種の話になりました。Yさんのオーキス・ステイメンはダウンフォース最低になってましてストレートで330km/h弱がでるとのこと。一方のノリスViperは300km/hがいいところ。予想通りストレートではみるみる話されてしまいましてあっと言う間に点になってしまいました。しかし我らが総帥。出力にモノを言わせてデンドロビウムを押さえる展開に。こちらのフォトは1周目のストレートの様子。3位にサイサリスが小さく見えます。上位2台が速い。

GGT02_03.jpg

で、一体何km/h出てるんだぜということでチェックしてみる。こりゃ追いつける気がしない。左からデンドロビウム、総帥、サイサリス、ノリス、ゼータ、ケンプファー。ダウンフォースと馬力だなあ。阻止限界点を悠々と堅守するデンドロビウムに今回ばかりはやられたかも。因みに僕のグフカスもダウンフォースは前後とも最低でした。それでこの差だから圧倒的。

GGT02_08.jpg

直線で僅かなディスアドバンテージを負っていた総帥ですがコーナーセクションに入りまして、デンドロビウムと大きく差を開けてしまうミス。これが響きまして後半はコウの逃げ切り体勢に。終盤も安定した走行でそのまま1位でフィニッシュでした。ミュルサンヌは他のサーキットに比べて特殊な感じですね。レザルトのタイムを見ても5秒近く離されていました。こりゃかなわん。Iフィールド展開されながら、クローアームや武器コンテナ全開放された感じだなあ。完敗です。いずれはガトーの『ソロモンよ私は還ってきた!』のセリフと共にリベンジせねば。

GGT02_04.jpg

さて、第3戦は2011年1月中旬とのこと。今回は星の屑成就ならず。ティターンズ台頭を予感させる連邦の勝利。コースは未定ですが、第3戦ではあの男が眩いばかりのあの機体に乗って参戦です。MEN OF DESTINYを聴きながら次戦に備えよう。



GGT02_09.jpg

てか0083のOPが熱すぎて困る。レース中はサントラ聴きながら走ってました。0083は無茶苦茶熱い作品なので是非見て欲しいです。とても19年前の作品とは思えない完成度です。皆さんお疲れ様でしたー。
スポンサーサイト

| 走行会 | 02:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bottledat.blog89.fc2.com/tb.php/1106-8d897ecc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
hr size=