けーえむの稀にペイント日記

趣味に生きる

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GGT第1戦 Sebring International Raceway

GGT01_18.jpg


遂に始まりました。Forza3が発売されて間もない頃からいずれは開催したいと皆が思っていたガンダムGT。第1戦はセブリング20周です。準備に時間がかかったなあ。レギュレーションは次の通りでして、中でも自作のガンダムペイント必須の項目に皆泣かされました。準備半分、レース半分といったところなのかな。参加者が思い思いのガンダムカーを準備しまして、レース開催になんとか漕ぎつけました。コウ、ミーシャ、カミーユ…ヲッサンペイント全力です。

・参加車両はR3で#付きの車種
・自作のガンダムペイント必須
・リアルダメージ上等のガンダム走行会ではあるがw今回は安全策でダメージ制限にて開催
・本戦前に時間10分の予選開催
・スタートは(GTに習い)予選順位にしてローリングスタート
・レース中1ピットイン義務
・GTは個人戦と同時に陣営戦も同時開催

22時頃にパーティ集合。相変らずののんびりスタートです。第1戦は皆さんの都合もありまして7台でのレース。連邦と公国の陣営にそれぞれ分かれまして個人戦と併せて陣営戦も開催されます。僕個人的にはこの陣営戦で勝利したいなあ。連邦の国力と比べて公国のそれは1/30以下。圧倒的な物量で攻めてくる連邦を迎え撃ったのはこの4台です。ん?7台中、4台が公国陣営とか圧倒的じゃなイカ。

連邦陣営
GGT01_22.jpg
Ζガンダム×カミーユ・ビダン(#3 Fairlady Z:dさん)
GP03×コウ・ウラキ(#33 Jaguar XKR:Yさん)
ユニコーンガンダム×バナージ・リンクス(#3 Fairlady Z:Jさん)


公国陣営
GGT01_21.jpg
GP02(#1 FG Falcon:sさん)
グフカスタム×ノリス・パッカード(#91 Viper GTS-R:僕)
ギレン・ザビ総帥(#31 Corvette Z06:cさん)
ケンプファー×ミハイル・カミンスキー(#81 Panoz GTLM:aさん)


誘い合わせたわけではないですが、連邦:白、公国:黒のデザインになっているのが興味深い。エゥーゴが何故連邦サイドなんだぜ?そんな疑問もありますが気にせず開始。ティターンズやアクシズが参入してくると面白いかも。今後は陸ガン、Ez-8、アイナ・サハリン、シロー・アマダなので僕はパスです。誰かペイントしないかな。作品別で言いますとサナリィ社やFC、AC、AWの平成三部作、Vガン、ZZ、種以降の作品のペイントは今回参加せず。センチネルは構想があるみたいですので来年に期待。



予選・ローリングスタートの予定でしたが時間の関係でなしに。ランダムグリッドでスタートしまして、私がポールを獲得。以下、2:ケンプファー、3:オーキス・ステイメン、4:Ζ、5:総帥、6:ユニコーン、7:サイサリスと続きます。1周目の1コーナーから波乱の幕開け。戦争に練習はない。GP03との接触を回避したノリスに迫り来るユニコーンと総帥。3台が被弾しましてダメージ。有視界戦上等です。ステアリングとエアロ、エンジンにダメージを負ったグフカスタム。総帥、ユニコーンもボディにダメージです。

GGT01_04.jpg

公国陣営の不安な立ち上がりを余所にコウとカミーユがレースを牽引。連邦の1、2フィニッシュは阻止せねば。サイサリスとケンプファーが追い上げますが、まさかの同LAP1で接触。ユニコーンにパスされまして、連邦が上位独占。1周目から連邦のMSの性能の差と言いますか、連邦のチカラを見せ付けられます。僕が飲んでいたとか絶対に言えない。

GGT01_16.jpg

カリスマ…この言葉が当て嵌まる人物が公国には存在します。ギレン・サビ総帥その人。今回のGGTでもそのカリスマ性を遺憾なく発揮してくれました。今回のGGTですが車輌規制は#付きのR3クラス。リストリクターその他パーツ構成は自由になっていまして各自てきとーに調整。そこで総帥の出番ですよ。CorvetteZ06のカムと排気系をアップグレードしまして出力519kW、トルク817.6Nm。圧倒的な直線での加速を何度も見せ付けてくれました。終盤まで総帥C5の後方を私は走っていましたが、セブのバックストレートは全く歯が立たず。速えーわ。しかしこの速度こそギレン・サビです。

GGT01_14.jpg



我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!

GGT01_06.jpg

上位独占かと思われた連邦ですが、最終コーナーで1位を走っていたGP03がまさかのタイヤバリアに接触。そこに2位で走行していたΖがカツ・コバヤシしまして連邦に大損害。勿論見逃しませんよ、この瞬間を。ギレンCorvetteとノリスViper、そして3位にいたユニコーンが上位に出ます。中盤は逃げるユニコーンに対して、パワーで圧倒する公国2台が追う展開。リストリクターを解除してはいるもののGT300クラスのZですので直線の伸びはやや物足りない。コーナーで稼ぎつつ終盤までレースをユニコーンが引っ張る展開になりました。

GGT01_08.jpg

被弾したデンドロビウムとΖ。空力パーツは全損に近い状態でして即ピット入り。最後までこのダメージとアクシデントが響いてました。レースも終盤、1位を走るユニコーンの前方に周回遅れのケンプファーが。直線ではケンプファーが勝っていまして、上手くパスする箇所が見当たらず。周回遅れなので直線で譲る選択肢もありましたが、細かいことはキニシナイ。そしてコーナ進入の際にユニコーンがケンプファーと接触。大きくスピンしまして、1位を公国陣営に譲るカタチに。どの車輌も満遍なく被弾してるなあ。終盤はどの車輌もエアロを被弾してました。

GGT01_10.jpg

GGT01_12.jpg

40分強に亘って走り続けたGGT第1戦セブリング、ラスト2周での上位のアクシデントによりなんとか連邦の上位独占を阻止。リザルトは以下の通りです。いやー、ダメージシミュレーションにしなくて本当によかった。1周目で大半が走行不能になっているところでした。2~4位を連邦、1位、5~7位を公国が占めまして両陣営のポイント差は1。第2戦はミュルサンヌ。総帥の直線が活きるのか、それとも連邦の逆襲が始まるのか…陸ガンペイントして連邦サイドに寝返るぞー。

GGT01_17.jpg

この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。
国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ!国民よ!





皆さんお疲れ様でしたー。ネタトーク満載で走行中楽しかったですw
スポンサーサイト

| 走行会 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bottledat.blog89.fc2.com/tb.php/1103-785b3c5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
hr size=