けーえむの稀にペイント日記

趣味に生きる

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

りっさんとインド逝ってきた【激辛編】

20100706_01.jpg

今夜はやよいだな。

学会二日目。昨晩はそれはそれは酷い雨でした。6時過ぎにもぞもぞと起きましてシャワーを浴びようとすると異変に気付く。何故かトイレや洗面台バス周りが水浸し。昨晩結局どこから水が漏れだしたのか分からず。ま、まさか雨漏りとかじゃないよな…。さて私が宿泊してますホテルですがインターネット完備とのこと。ネットワークはホテル探しの際にはプライオリティが非常に高いわけですがこれまたグダグダ。何故か繋がらない。月曜朝には繋がっていたわけですが、翌火曜朝にはピクりとも反応せず。なんだこれ。フロントの人にあれこれ解決を求めたのですがどうにもならず。結局そのまま学会会場へ移動することに。まあ月曜日の流れを見れば、水漏れやネット不通は想定内。でまたまた事件ですよ、姉さん。


昨日利用した例のタクシーに声をかけたものの行き先分からず。街で一番大きなホテルの場所すら把握してないとかどんだけー。場所が分からないのはまあよい(全く良くないけど!)。問題はここから。100ルピーを巡る攻防戦開始ですよ。時刻は午前8時。暑いしネットワークに繋ぎたいしで急いでいた私にドライバーが吹っかけてくる。最初200ルピーを要求してきたドライバー。500渡すとそのまま走りだそうとするわけですよ。おい、まてヲッサン。300お釣りでしょうが。しかし「私は貧しい」うんたらかんたらでお釣りを払わないヲッサンドライバー。ここで折れたら日本人が舐められると思い反撃です。ヲッサンに対してここ数日の鬱憤を晴らすがごとくあることないこと反論。

500を崩して100*5にすりゃいいと思いいざ近くのお店へ。両替は無理だと思い適当な飲料を買って崩そうとするも店側は拒否。どうやらインドでは500ルピー札での買い物はダメポみたいです。空港の免税店その他大きな都市のお店でないと使えないみたいですね。仕方なしにホテルのフロントに戻って100ルピー札に崩すことに。でドライバーのところに戻って200を支払うとドライバーはこう言うわけです。あんたは私を待たせたんだから追加で金払えと。時間もないのでヲッサンに50ルピーを渡して漸く学会会場へ。なんつー逞しさ。もう笑ってしまったwちなみに100ルピー=200円です。高々1000円の攻防ですがここは折角なのでディーフェンス!ディーフェンス!してインドを楽しまないと。だがこの次は勘弁な。

20100706_02.jpg

ところでインドの料理。当然ながら辛い。ドイツのラボで一緒だったフランス、スペインの研究者、パナマの学生らと食事をしたときのこと。月曜日の食事で辛い食べ物にぐったりしていた私たちは辛くない食べ物を求めたわけです。入念に確認をし、メニューの横にnot spyseeとあるのを確認してオーダー。まあ間違いないだろうと料理を口にした瞬間、

仏西巴日「スパイシーじゃねーか!!!!×4」

もうねブチギレですよ。どこのどいつがこの料理を辛くないと言うんだ。クアラルンプール・ハイデラバード間の機内食のチキンカレーも相当の辛さでしたが、この料理もそれに引けを取らない辛さ。おかげでパナマの学生はチョコレートケーキを食ってました。インドの料理に手加減なし。勉強になりました。画像はその後ホテルのレストランで頼んだピザ。メキシコ料理店でして辛さも観光客向けにアレンジされてました。日本を出て久々にまともな食事にありつけた火曜日の夕食。明日は午前中のセッションに出た後に午後から観光予定。とはいえ行き当たりばったりのエクストリームインドになりそうです。
スポンサーサイト

| インド学会2010 | 03:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bottledat.blog89.fc2.com/tb.php/1007-dc42a428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
hr size=